離れ乳の原因と対策!離れ乳の特徴は?

人は多くのコンプレックスを持ちながら生きていますが、女性の悩みの中で多いのが「バストが離れている」通称離れ乳の問題です。

 

この離れ乳、原因は遺伝だと思っていませんか?

実際筆者はそう思っていました。

 

しかし、本当の離れ乳の原因は遺伝のみではなかったのです!

筆者が調べに調べた結果をこの記事にまとめてみましたのでぜひ参考にされてみて下さい。

離れ乳ってどんな状態?

「そもそも離れ乳がよく分からない・・・。」

 

そういった方もおられるはず。

人のバストをまじまじと眺めることもないですし、実は離れ乳に気付いてない方もおられるのかもしれません。

では、離れていないバストと離れ乳についてご説明していきます。

理想のバストと離れ乳の違いは?

皆さんはバストの黄金比についてご存知でしょうか?

まず、下着をつけていない状態で鏡の前に立ってみましょう。

上の図のように、鎖骨と鎖骨の真ん中に少し凹んでいる箇所がありますよね。

その凹んでいる箇所と左右のバストトップ繋いだ線がきれいな正三角形になっていることをゴールデントライアングルと言い、これがバストの黄金比になります。

 

 

また、バストトップの位置は肩から肘の長さの1/2の場所、つまり肩と肘の真ん中くらいにあるとバージスラインもしっかりと出て、理想的できれいな高さと言われています。

 

このゴールデントライアングルがきれいに整っているかこれに近いバストのバランスだと、理想のバストの形で離れていないバスト、ということになります。

 

一方、離れ乳のバストのバランスだと、このゴールデントライアングルの下の辺が長くなり、二等辺三角形に近くなります。

それに加えてバストトップの位置が肩~肘の1/2でない場合は、下垂しているバストということになりますね。

 

遺伝以外の生活習慣でバストが離れてしまった方に関しては、二等辺三角形+バストトップの位置のずれが当てはまるのではないでしょうか。

離れ乳の特徴は?

「うーん・・・なんか微妙だなぁ・・・」

 

鏡でみても分かりにくい!そういった方もご安心ください!

離れ乳の特徴として挙げられるものを記載しておきます。

下の特徴に当てはまる方は離れ乳の可能性が高くなります。

 

  1. バストトップが左右に離れているように見える
  2. 谷間が出来ない
  3. バストのハリがなく下垂気味
  4. ブラを付けてもバストが盛れない、または盛りにくい(バストの上側がふっくらしない)
  5. 実際のカップサイズよりバストが小さく見える

 

離れ乳になってしまうとバストそのものが横に流れてしまうため、実際のカップよりバストが小さく見えたり、ハリがなく形が崩れてしまいます。

 

また、左右のバストが離れていることで谷間が出来づらいと言われています。

離れ乳であるとせっかく盛ってもバストの上側のデコルテ部分がふっくらしなかったり、盛ったバスト持続しないことが多いようです。

 

基本的にはバストはDカップ以上あれば自然な谷間が出来ると言われていますので、Dカップあっても谷間を作りづらかったり、隙間の空いた不自然な谷間になってしまう方は、離れ乳に当てはまるのかもしれませんね。

離れ乳の原因は?

離れ乳の原因で最も有名なものは「遺伝」ですよね。

しかし、実は遺伝以外にも離れ乳には様々な原因があるのです。

離れ乳の主な原因は以下の6つに分かれます。

  1. 遺伝や生まれつきの骨格
  2. クーパー靭帯の伸びや衰え
  3. 睡眠時の寝返りなどの負荷
  4. バストの筋肉(大胸筋等)の衰え
  5. 姿勢の悪さ
  6. ホルモンバランスの乱れ

 

それでは、1つ1つ説明していきますね!

原因その①遺伝や生まれつきの原因

離れ乳の原因には遺伝が関係しています。

家系的に離れ乳の女性が多ければ、必然的に離れ乳になる可能性が多くなります。

 

また、人の体の骨格も密接に関係してきます。

人の骨格は、大きく分けて筒形型楕円形に分かれます。

筒形タイプの方は体に丸みがありバストが外向きになりやすく、バストが離れ乳になりやすい傾向にあります。

平型楕円形タイプは骨格が平らなのでバストが正面を向きやすく、離れ乳になりにくいと言われています。

 

自分の骨格がわからない方のために、骨格診断を載せておきますね。

骨格診断チェック

1~8の中の質問のうち、4つ以上チェックがつくと「型楕円形」になります。

  1. 正面から見るとアンダーバストの幅が広い
  2. 横から見ると体に厚みがない
  3. バストのふくらみが中央によって見える
  4. ブラのワイヤーが当たっていたいことがある
  5. バストを集めてカップ内にしっかりと収めても、動いているとカップの外にはみ出してバージスラインの内側にワイヤーの痕が付きやすい
  6. 裸のまま測ったアンダーバストのサイズでブラを選ぶと窮屈に感じる
  7. 痩せ型である
  8. 肩幅が比較的広いほうである

 

 

チェックが3つ以下で、以下に当てはまる方は「筒形」になります。

  • 正面から見るとアンダーバストの幅が狭い
  • 横から見ると体に厚みがある
  • ブラのワイヤーがあまり気にならない

 

とはいえ骨格以外にも離れ乳になる原因はありますので、自分の骨格がどっちに当てはまるのかを判断した上で、離れ乳になりやすい方もなりにくい方も気を付ける必要がありそうですね。

原因その②クーパー靭帯の伸びや衰え

皆さん、クーパー靭帯ってご存知ですか?

簡単に説明すると、クーパー靭帯とはバストを上向きに支えてくれる網目状の繊維のことを言います。

 

このクーパー靭帯がしっかりと乳腺とつながってピン!と張ってくれているお陰で上向きのきれいなバストを保つことが出来るのです。

詳しく知りたい方はコチラを参考にされてくださいね。

>>クーパー靭帯について徹底解説!切れたらどうなる?対策は?

年齢がまだ若い方のバストが垂れたりしていないのは、このクーパー靭帯がしっかりと張っていることや皮膚にハリがあることが関係しています。

 

ですが、クーパー靭帯はとても脆く、運動の際のバストの揺れなどで簡単に伸びたり傷ついたり、切れたりしてしまいます。

また、クーパー靭帯はコラーゲンを主成分として作られているため加齢により衰えてしまい、結果としてハリがなくなってしまいます。

そうするとバストは重力や負荷に勝つことが出来なくなり、結果としてバストはの方へ流れていってしまいます。

 

クーパー靭帯は1度伸びたりすると2度と再生が出来ないため、日頃から自分に合ったブラを使用したり、ナイトブラを着用するなど、しっかりと保護をしてあげる必要があります。

ナイトブラの必要性について知りたい方はコチラ!

>>ナイトブラ 効果

原因その③睡眠時の寝返りなどの負荷

上で「クーパー靭帯はバストの揺れなどで簡単に伸びる」と説明しました。

 

「私運動あんまりしないからなぁ・・・。」

 

そう思って油断しているそこのあなた!!!

実は誰でもやってることでクーパー靭帯が切れやすい時間があるんです。

 

それはなんと・・・睡眠時!!

 

睡眠時に昼用ブラで寝ている方や、締め付けが苦手でノーブラで寝ている方はおられませんか?

その行為、実は離れ乳に自ら近づいているようなものなんです。

 

バストを構成している脂肪は、柔らかく流れやすいという性質があるため、ノーブラの状態で仰向けに寝ているとバストは広がります。

そして寝返りをする度にバストはいろいろな方向に流れていきますよね。

横向きで寝ると重力で寄りうつ伏せですとバストは押しつぶされている状態になります。

このバストの動きだけでもクーパー靭帯は伸びたり切れたりしてしまい、結果として下垂した離れ乳に近づいていきます。

原因その④バストの筋肉(大胸筋等)の衰え

バストの構造は、筋肉を土台として脂肪組織があり、その脂肪組織の中を走っているクーパー靭帯と乳腺が支えて成り立っています。

バストの土台となる筋肉は「大胸筋」と言うバスト全体の土台となる筋肉があります。

そしてその奥には「小胸筋」と呼ばれる筋肉があり、バストを内側に引っ張り、中央寄せてバストの周りにある筋肉支える役割があります。

 

この2つの筋肉が衰えてしまうとバストの土台が緩んでしまい、離れ乳になってしまうとされています。

 

全身の筋肉は加齢運動量の減少で衰えたり筋肉量の維持が難しくなってくるため、しっかりと鍛えることで離れ乳予防バストアップを望むことが出来ます。

大・小の胸筋を鍛えて離れ乳を予防・改善したい方はコチラ!

>>離れ乳 筋トレ

原因その⑤姿勢の悪さ

皆さん、スマホやパソコンをみているときやテレビを見ているときなど、気が付くと猫背になっていませんか?

実はこの姿勢悪さ離れ乳の原因の1つになっています。

猫背の状態では重力にバストが負けて下垂しやすい状態になるだけではなく、の位置が前に出るため、先ほど説明した大胸筋や小胸筋が緩んだ状態になります。

 

通常筋肉は一定の張力があるように体の中にあり、姿勢やその時の動作事に「収縮して主に動く筋肉」「張力を維持している筋肉」「緩んでいる筋肉」に分かれます。

 

大胸筋と小胸筋は正しい姿勢で立っている状態だと「張力を維持している筋肉」であるため、猫背になってずっと緩んだ状態でいることで筋肉が衰えやすい状態を作ってしまうのです。

 

また、逆に意識しすぎて絶えず反り腰の状態でいると肋骨開きやすい状態になってしまうため、バストもその分左右広がりやすくなります。

 

さらに、猫背などの姿勢の悪さは血行不良に繋がります。

血行不良になると必要な栄養分などがクーパー靭帯に届きにくくなり、結果としてクーパー靭帯を衰えさせる原因になります。

 

姿勢は日頃の意識から改善することもできますが、どうしても出来ない方は1度整体などに行って姿勢矯正をしてもらうのもいいかもしれません。

原因その⑥ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモン成長ホルモンが分泌され、乳腺発達を促すことでハリのある上向きのバストを維持できています。

しかし、加齢ストレス生活習慣の乱れなどでホルモンバランスは簡単に乱れてしまいます。

 

その結果バストに脂肪付きにくくなったり、乳腺が発達しづらいということが起きるため、下垂して離れたバストになってしまいます。

 

さらに、クーパー靭帯はコラーゲンを主体としているため、ホルモンバランスの乱れはクーパー靭帯痛める結果にもなり、さらにバストを離れさせる要因になってしまいます。

 

適度にストレスを発散し、生活習慣を見直すことでホルモンバランスを整えてバストにいい環境を作ってあげることが大切になってきます。

 

 

いかがでしたか?

6つの離れ乳の原因を紹介しました。

当てはまることが1つでもあれば、しっかりとケアをしてあげる必要がありそうですね。

離れ乳を改善させる方法は?

「離れ乳になったらもう治らないの?」

 

いえいえ、そんなことはありません!

離れ乳を改善させる方法は、ちゃんとあります!

ナイトブラを着用する

皆さんは、睡眠時のブラジャーはどうしておられますか?

 

「締め付けが苦手で・・・。」

 

いろいろな方がおられるとは思いますが、離れ乳の改善には就寝時には夜用のナイトブラを着用することが大切になります。

 

「昼用ブラで寝ている!」

 

そんな方もおられるとは思いますが、実は昼用ブラをして寝ている方もノーブラで寝ている状態とほぼ同じなのです!

 

ブラにはナイトブラ、昼用、スポブラなど場面に合ったブラがありますが、なぜか考えたことありますか?

 

それは「場面によってバストを支える目的が違うから!」です。

 

昼用のブラは起きているときにバストを支えるため、重力などからバストクーパー靭帯守る役割があります。

しかし、昼用のブラは就寝時のバストの横流れ等には対応していません

それと同じで、スポーツブラは運動中の激しい揺れからバスト守るために若干押さえつけたような作りになっていますが就寝時や日中の使用には向きません。

そして、ナイトブラは寝返りの度にバストがいろいろな方向流れる負荷からバスト守るように作られています。

 

そのため、きちんと場面にあったブラを着用することが大切になってくるのです。

おすすめのナイトブラについて知りたい方はコチラ!

>>離れ乳の方におすすめのナイトブラランキング

併用について知りたい方はコチラ!

>>ナイトブラ 昼

>>ナイトブラ 運動

離れ乳改善のストレッチをする

離れ乳になる原因として土台の衰えを説明したと思います。

そのため、土台となる大胸筋や小胸筋、その2つの筋肉の周りにある前鋸筋や広背筋のストレッチや軽いトレーニングをして土台の筋肉を柔らかくし、鍛える必要があります。

 

まずは、大胸筋や小胸筋の周りにある前鋸筋や広背筋のストレッチをしていきます。

こちらは前鋸筋のストレッチになります。

(※ストレッチは5:10~始まります。)

 

そしてこちらが広背筋のストレッチになります。

(※ストレッチは5:42~始まります。)

 

その後バストの土台となる大胸筋や小胸筋のトレーニングをさらに行うと良いと思います。

こちらは大胸筋のトレーニングになります。

こちらは小胸筋のトレーニングになります。

この他にもたくさんのストレッチやトレーニングがあります。

離れ乳改善のストレッチをまとめた記事もありますので、ぜひとも参考にされてみて下さい。

離れ乳を治したい!そんな方はコチラ!

>>離れ乳を改善させたい方へおすすめのストレッチ

まとめ

いかがでしたか?

なるとコンプレックスにもなりかねない離れ乳

やっぱりなりたくないですよね。

 

そうすると日頃からのケアが必要。

食生活や筋トレはもちろんですが、離れ乳の原因になりやすい就寝時の寝返りなどの負荷から守るためには、やはりナイトブラを着用することが1番の対策です。

これを機に、ナイトブラデビューしてみてはいかがでしょうか?

オススメのナイトブラが知りたい!そういった方はコチラ!

>>ナイトブラおすすめランキング!!