40代でもナイトブラの効果はあるの? 垂れ乳など対策とおすすめ3選

40代になった女性は、これまでになかった自分の体の衰えに、大きな悩みを抱えています。

特にバストに関しては、垂れ乳・離れ乳が急増する年代で、多くの方が美乳効果や育乳について情報を求めています。

ナイトブラは、就寝中のバストを無理な動きや、四方からかかる重力から守る下着です。

この記事はではナイトブラについて詳しく紹介し、40代の女性のバストを美しく保ち、全身の健康を守るための情報を提供します。

ナイトブラを40代で使う時、効果は期待できるのでしょうか?

疑問や不安に答えながら、40代女性がナイトブラを選ぶ時、役に立つ情報を紹介しますので、是非目を通してみてください。

40代はどうしてバストラインが崩れるの?

そもそも、40代女性の体には何が起こっているのでしょうか?

バストが崩れてしまう理由を少し整理してみます。

ホルモンバランスの変化

まず知っていただきたいのは、ホルモンのことです。

様々なホルモンが内臓機能を調整したり、重要な働きをしていますが、とりわけ女性ホルモンには2種類があります。

  1. 妊娠の準備をしたり、女性らしい体を作るホルモン
  2. 妊娠の準備ができた子宮内の環境を維持するホルモン

とても大雑把に言うとこの2つです。

これらが相互にタイミングよく増えたり減ったりして、女性の体には生理を伴って子供を授かる能力を維持するサイクルが出来上がっています。

思春期ころから分泌が始まり、30代でピークを迎えると言われる2つのホルモンの分泌は、40代になると増えたり減ったりのタイミングがずれ、分泌量が不規則になり、バランスの崩れた状態になります。

これにより体調不良や強い生理不順などをきたす事を、更年期障害と言われますが、バストもホルモンバランスの崩れに強く影響されます。

閉経に向かう過程でもあるこの状態は、乳腺を縮ませ皮下脂肪を増やしてしまい、乳房からハリがなくなり、柔らかくなる結果を招きます。

更にはコラーゲンの生成を助ける機能も、『1. 妊娠の準備をするホルモン』が有しており、分泌量が減ると、次に紹介するクーパー靭帯にも悪影響を及ぼします。

クーパー靭帯

次に乳房の構造を考えてみましょう。

大雑把にいうと、皮膚と胸筋の間に脂肪が集まり、乳腺が配置されたのが乳房です。

でもおかしいですよね?

ナイトブラで頑張って寄せてこなければ、体のあちこちに流れていく脂肪が、どうして重力に逆らって、前に突き出したキレイな形を保てるのでしょう。

ここで覚えていただきたいのが、クーパー靭帯です。

クーパー靭帯は、乳房全体に網目のように張り巡らされており、脂肪、乳腺などを支え、結ぎとめ、乳房の形を保っている結合組織です。

乳房の中を縦横無尽に走り回っており、雑に巻き直した毛玉をイメージして貰えれば、近いかもしれません。

40代女性のバストでは、このクーパー靭帯がそれまでとは違って、形を保てなくなり、また脂肪をホールドする力を失って、全体的な体型の崩れを引き起こしてしまいます。

  • 垂れ乳 ・・・・ 張りを失い、バストトップが下をむいて垂れてしまった状態
  • 離れ乳 ・・・・ 左右の乳房が離れて、バストトップの位置が下がった状態
  • 乳首の陥没 ・・・・乳頭が乳房の中に埋没して隠されてしまった状態

いずれもバストラインを大きく崩した状態で、見た目の美しさを損なうだけでなく、乳首の陥没は清潔面でもリスクが生じます。

40代女性のバストに、最も大きな影響を与える体の変化の一つであり、流れた脂肪はバストだけでなく全身に変化をもたらします。

  • 二の腕へ脂肪が流れる ・・・・ 胸から脂肪が移動してたるみが出る
  • 肥満体型・・・ 脇や、背中など、体の側部に脂肪が移動して体型が変わる
  • 全身の変化 ・・・・ 血流など、体内バランスの崩れ

切れたり、伸びてしまったクーパー靭帯を元通りにすることはできません

また、絡み合って形を保っていたクーパー靭帯が大きく崩れてしまうと、再生することは容易では有りません

では、40代女性のクーパー靭帯に何が起こって、崩れてしまうのでしょうか?

クーパー靭帯と加齢

クーパー靭帯は、コラーゲンでできた組織です。

その為、加齢によってコラーゲンを生成する機能が退化すると、クーパー靭帯の強度や柔軟性が損なわれ、本来よりも傷つきやすい状態となってしまい、40代の方では顕著に表面化してしまいます。

クーパー靭帯はバストを美しく健康に保つ為に、最も重要な体の一部です。

クーパー靭帯を守るには?

40代になってからでも、クーパー靭帯をケアする方法はあります

まずはナイトブラを利用して、就寝中のコントロールされない体の動きからバストを守ってください。

また、クーパー靭帯は常に重力に引っ張られ続けていますから、対策がなければ伸びてしまいます。

四方からかかる横になった時の重心からも、ナイトブラはバストを守ってくれます。

併せて、食生活を改善し、睡眠をとって、体にとって快適な生活を心がけましょう。

コラーゲンを直接摂取しても、クーパー靭帯は新しくなりません。

元気な体があってこそ、コラーゲンを生成し、クーパー靭帯を補強することができます。

クーパー靭帯について詳しく書かれた記事はこちら

ナイトブラは40代にも効果は有るの? ナイトブラの実力は?

実際には、40代でも多くの人がナイトブラを利用しています

むしろ、40代の女性の体について考えてみると、この年代の助成にこそナイトブラの利用は必須です。

自分の体の状態を理解して、適切にナイトブラを利用すれば、40代から胸のケアを始めても下垂の予防になるばかりか、ハリのある胸をある程度取り戻せます

40代女性の特徴と、ナイトブラの選び方

では、40代の体の特徴を捉えて、どんなナイトブラが時分に適切なのか、選択するためのポイントを考えてみましょう。

40代女性の体で、バストに最も関係が大きい変化は、女性ホルモンのバランスが変わることです。

結果として、乳房の脂肪が増え柔らかくなり、それまでと比べて格段に体型が崩れやすくなります

ナイトブラなどの対策を行わないでいると、胸の脂肪が体の至るところに流れ出し、バストラインを保てないばかりか、全身の体型を崩します

すると、見た目の美しさを損なうだけでは収まらず、健康面での様々なリスクを生じることになりかねません。

40代がナイトブラを選択する時の5つのポイント

こういった特徴を踏まえて、40代の方がナイトブラを選択する時のポイントとして、以下の4つを紹介します。

  1. サイズを正確にとり、ジャストフィットの下着を選択
  2. アンダーサイズを基準に選ぶ
  3. 補正力の高いものを選ぶ
  4. 脇、背中の肉を集める効果の高いナイトブラを選ぶ
  5. バストを押しつぶさない下着を選ぶ

1. サイズを正確にとり、ジャストフィットの下着を選択

最も気をつけなければいけないのは、サイズが合っている下着を選択することです。

乳房の柔らかくなっている40代女性の体は、下着によるサポートの影響を受けやすく、間違ったサイズを着用すると悪影響を与え、返って下垂を促進してしまう等、大きな弊害が生じていしまいます。

大事なのは、慎重に自分のサイズを図ることです。

理想的なのはお店でスタッフにしっかりと、正確なサイズを出してもらうことですが、恥ずかしさや患わらしさから自分で採寸したい場合も多いです。

今一度イズの図り方、カップ数の出し方をおさらいしましょう。

  • 「トップバスト」 バストの先端(乳頭)から背中を回した周囲
  • 「アンダーバスト」 バストを持ち上げて乳房の下際から背中を回した周囲
  • 「トップバスト - アンダーバスト = カップ数」

_ナイトブラの採寸に詳しい記事はこちら

2. アンダーサイズを基準に選ぶ

正確なサイズを割り出すことができたら、アンダーサイズを基準にして自分にフィットするナイトブラを選んでみましょう。

ナイトブラは細かなサイズ表記がない場合がありますが、アンダーサイズを基準にしてサイズを選べば、最も体にフィットした下着を選ぶことができます

3. 補正力の高いものを選ぶ

40代の方がナイトブラを選ぶときには、しっかりと補正力を感じられるものを選択しましょう。

バストが大きく成長する時期にサポート力の強すぎるものを選択すると、成長を妨げることもありますが、バスト自体が柔らかく、形を支える靭帯も、あまり強靭ではなくなった40代の方の場合は、しっかりとバストをサポートすることを考えましょう。

もちろん、苦しさを感じないものを選択することは大前提です。

4. 脇、背中の肉を集める効果の高いナイトブラを選ぶ

ナイトブラに期待できるバストへのサポートにも、就寝中の胸の動きを健康的に制限することや、形の保持など様々です。

その中でも、40代の方がナイトブラを選択する時に最も意識したいのは、いろいろな場所から体の肉をバストに集めてくる機能です。

10代から50代の全世代での離れ乳に悩む人の割合は3割弱、30代後半以降の離れ乳割合は2割弱くらいです。 この点をサポートする機能を意識して選択しましょう。

5. バストを押しつぶさない下着を選ぶ

ナイトブラに限ったことではありませんが、40代女性のバストは柔らかく、特に押しつぶされる力には、受ける影響が大きいです。

きちんとサイズを選択できれば、体にフィットして、なおかつ胸を押しつぶさない下着が見つかります。

バストの形状は個人差が大きいですから、就寝時の安心感を得られ、つけ心地が快適なものを優先して選択しましょう。

40代女性におすすめのナイトブラTOP3

40代女性の、乳房が柔らかくなり、バストの形を支える靭帯も崩れ気味で、バストから体全体に脂肪が流れやすいという特徴を踏まえ、特に体型維持のサポート力が高いものを選びました。

ポイントを踏まえてランキングで紹介します。

Viageビューティアップナイトブラ

ナイトブラの殿堂入り、『Viage』です。

特徴は他のブランドを寄せ付けないサポート力と、就寝時の抜群の安心感です。

40代女性の特徴にこそ、Viageの優れたつけ心地としっかりとしたサポートの両立がマッチし、堂々の1位を獲得しました。

 

 

 

 

ふんわりルームブラ

『ふんわりルームブラ』はブランド全体を通しても、最上位にランクインします。

見た目と機能が両立され、しっかりとサポートを保ちながら、求めやすい価格に抑えられています。

40代女性に対しては、確かなサポート力が評価され、2位となりました。

 

 

 moriage加圧ブラ

3位となったmoriage加圧ブラは、周りの肉を寄せてくる機能に特に優れており、口コミなどでもこの点を評価するものが多いです。

40代女性がナイトブラを選択する場合、寄せる機能はとても重要で、見た目にもこだわったこちらのブランドが、3位に食い込みました。

 

その他のおすすめナイトブラ

ナイトブラのブランドは多種多様で、製品も無数に存在します。

惜しくもランキングに漏れてしまいましたが、魅力的な製品は他にも沢山あります.

中でもポテンシャルの高いものを、一つだけ紹介します。

 

モテフィット

 

3位となったmoriage加圧ブラは、周りの肉を寄せてくる機能に特に優れており、口コミなどでもこの点を評価するものが多いです。

40代女性がナイトブラを選択する場合、寄せる機能はとても重要で、見た目にもこだわったこちらのブランドが、3位に食い込みました。

 

 

どれがいいか迷ったら?実力派ナイトブラはこれ!

ランキングを見ても、自分にどんなナイトブラが合っているのかまだよくわからない、という方にはこれをおすすめします。

 

 Viageビューティアップナイトブラ

『Viage』は、どんなランキングでも大体1位にいるトップブランドです。

十分に満足できるサポート機能、心地よい安心感を提供してくれる作りで、どのナイトブラと比べても、補正力が優れているのがその理由です。

サイズさえ自分にフィットするものを選べば、本当に間違いのない製品ですから、迷ったら『Viage』で正解でしょう。

 


今更ナイトブラにこだわっても、本当に効果があるの?

私には意外だったのですが、40代女性の方は今更ナイトブラをしても、と考える方が多く、ネットにも楽に寝たいし着けない、といった意見が散見されました。

中には災害にあった経験から、身動き良く逃げられるように着けてない、と言った意見もあります。
逆に、乳房が下がった重みで上半身全体の皮膚が引っ張られ顔のたるみにまで影響するとして、娘にも利用させている、といった意見も見られます。
もちろん、40代の方のナイトブラの利用について、『今更』という言葉は全く当てはまりません
むしろ、今こそ利用するべき必須アイテムです。

_ナイトブラの効果、有り無しに詳しい記事はこちら

40代以降、バストはどんな風に変わっていくのか

クーパー靭帯の衰えや、ホルモンバランスの崩れから生じる、バストの内側の変化によって、40代以降の女性のバストはどんな風に変化するでしょうか?

  1. 下部分がたわみ、バストトップが下向きになる
  2. デコルテが痩せる
  3. 脇と背中に脂肪が流れて、左右の乳房が離れる

1. 下部分がたわみ、バストトップが下向きになる

『垂れ乳』と言われる状態で、特に日中、上から下にかかる重心の影響によりクーパー靭帯が伸びてしまい、バストがハリが無くなり下を向いた状態です。

こうなってしまうと、バストが上半身全体の表皮を下に引っ張ることにもなり、次に紹介するデコルテの痩せにも影響していきます。

ナイトブラなど、適切な対策をせず、ノーブラやブラトップを多様した場合、早く下垂が進んでしまいます

垂れ乳について詳しい記事はこちら

2. デコルテが痩せる

デコルテとは、鎖骨から胸元にかけてのエリアで、垂れ乳により表皮が引っ張られ、脂肪も下方向へ流れてしまい、骨ばった痩せが目立つ状態になります。

ブラジャーを着けた時にカップがスカスカになってしまう原因として、デコルテに容量がなくなったために、カップの上側に隙間ができてしまうことが挙げられます。

3. 脇と背中に脂肪が流れて、左右の乳房が離れる

『離れ乳』と呼ばれる状態です。

バストトップが大きく下がり、膨らみ自体もわかりづらく、最も大きくバストが変化した形です。

脇や背中に脂肪が移動し、体型自体も肥満型に変わっている場合が多いです。

運動機能血流にも支障をきたし、健康にもリスクの大きな状態となってしまいます。

離れ乳に詳しい記事はこちら

40代から始める! 育乳で下垂を防ぎ、ハリを取り戻す!

40代ですでに垂れ乳が始まっている方でも、まだまだハリのあるバストを取り戻すためにできることはあります!

健康にもつながることですから、ナイトブラを活用して挑戦してみてください。

以下の4つがポイントになります。

  1. 正しくナイトブラをつける
  2. 姿勢を正す
  3. 食事に気をつける
  4. 睡眠を取る

1. 正しくナイトブラをつける

正しく利用すれば、ナイトブラの機能を最大限に引き出し、サポートや形の補正のメリットを強くすることができます。

むしろ、間違った使い方をすると、せっかくピッタリのサイズを選択していても返ってデメリットが大きくなりかねません。

では、少しだけ着け方について整理してみます。

  1. 足から履くようにして胸に装着する
  2. カップを胸の位置にしたら、お辞儀の形で背肉と脇肉をカップ内に収めます
  3. カップの底辺を支えて内側から全体を引き上げるように整えます
  4. カップの底辺を床と平行になるようにして、肩紐をもち上げて余裕を確認しながら調節します

鎖骨の中心点と左右のバストトップを結ぶと正三角形になれば理想的です。

ナイトブラのつけ方に詳しい記事はこちら

2. 姿勢を正す

普段からの姿勢は、健康的なバストの維持と密接につながっています。

猫背であれば自然とバストトップが下を向くことになり、下垂を促進してしまいます。

更には背骨の湾曲により体全体のバランスが崩れ、総合的に血流が悪くなり、健康面全体に悪影響が強い姿勢です。

これを改善するためには、腹筋、背筋の強化が必要で、トレーニングやストレッチを行えば、バストと最も関係の深い大胸筋の強化にも繋がります。

バストにかかる重力を想定して、ナイトブラはつくられていますが、やはり正しい姿勢で効果が発揮される様にできていますから、まず姿勢を正すことが、問題の解決に直結します。

運動や姿勢とナイトブラの関係に詳しい記事はこちら

3. 食事に気をつける

栄養に偏りの無い食事を心がけることで、コラーゲンをはじめとしたバストに関わる体内の要素がスムーズに生成され、とりわけクーパー靭帯の保護に大きなメリットを得られます。

気を付けなければいけないのは、コラーゲンを摂取すればよいわけではない、ということです。

実は、コラーゲンを食べたりサプリで摂取すると、アミノ酸とペプチドに分解され、このうちペプチドは体内で生産されるコラーゲンの材料になる、という説が近年有力です。

ですから無意味ではありませんが、コラーゲンを体内生産する能力が低いと、材料だけあっても意味がないわけです。

だから意識するべきなのは、コラーゲンにこだわらず、バランスのとれた食事で健康を維持することなんです。

4. 睡眠を取る

心身の健康とストレスには、強い相互関係があり、適切な量の睡眠を取ることはストレスの解消につながります。

とりわけ40代の女性は更年期障害に苦しむこともあり、また社会的にも様々なストレスにさらされています。

しかし、全くストレスが無い状態では人間は活力を生み出せない、ともいわれ、生活の心身的なバランスを取る意味でも睡眠はとても重要です。

もし、サプリメントや睡眠薬に頼ることを考えるのであれば、先にナイトブラを試してみることを勧めます。

ナイトブラは就寝中の胸のサポートをメーカーが本気になって追及した、専門性を持った下着ですから、安眠を目指して作られているのは当然です。

まずは、自分にしっかりマッチしたナイトブラが与えてくれる安心感を感じてみてください。

クーパー靭帯は復活する? ストレスとの関係もあわて読みたい記事

40代で痩せ型の人がナイトブラを選ぶポイント

40代のナイトブラ選びでは、脂肪の量が増えて軟らかくなったバストなどへの対応がポイントになりがちですが、実は痩せ型体系の方が悩むことも多いようです。

フィットするサイズがあるだろうか、ナイトブラを利用すべきだろうか、と様々です。

40代女性では、痩せ型体系の方でもホルモンバランスが崩れ、デコルテの痩せ等体形の変化は起こりますから、もちろんナイトブラを利用するべきです。

  1. アンダーサイズを基準に選択
  2. 生地がしっかりしている
  3. 肩ひもなどが幅広の製品

痩せ型の方がフィットするナイトブラを選ぶ時のポイントは、上記の3点です。

ブラジャーを体につなぎとめているのはアンダーの部分で、このサイズがマッチしていればフィット感を得られ、実際、就寝中のずり上がりなどもなくなります。

またしっかりとした生地の製品は伸縮性に富んでいるものが多く、補正機能を活かせば、小さいカップ数のバストにも対応しやすいです。

最後に、肩ひもや、特にアンダーの部分が幅広の下着を選択すれば、より安定して装着できますので、おすすめするポイントです。

痩せ型の人にお勧めのナイトブラに詳しい記事はこちら

ナイトブラが原因で肩こり?

ナイトブラが肩こりの原因になるとすれば、サイズがあっていないシグナルです。

ナイトブラは効果が高い分、間違った利用方法であったり、サイズ違いの下着を利用したりすると、デメリットが生じます

もう一度サイズを確認して、場合よってはショップのスタッフに手伝ってもらって、自分に合う下着を選択しましょう。

これはナイトブラに限ったことではありませんから、良い機会でもあります。

当然、原因がナイトブラ以外にある事も考えられます。

この場合は就寝中など、自分の意識が無い時間に目を向けてみましょう。

姿勢を正す、冷やさないようにする、マッサージなど、自分でコントロールできる範囲の対策は意外とできているものです。

例えば就寝する環境は、寝返りが打てるようになっているでしょうか?

寝返りはリンパの流れや血流の滞りを防ぐために行う、無意識下の重要な肩こり対策です。

寝返りが打てない就寝は、肩こり以外にも様々な弊害を全身に及ぼすことがあります。

寝返り以外にも、自分の意識で体をコントロールできない時間を対策することで、意外と解決につながることがありますので、参考にしてみてください。

ナイトブラと肩こりの関係に詳しい記事はこちら

ナイトブラは日中でも使えるの?

 

 

ナイトブラを日中使うことはお勧めできません

ナイトブラは、コントロールされない就寝中の動きに対応するようにできていますが、立位、座位と常に地面から高い位置にバストがあり、上から下に強い重力がかかっている日中の環境を想定して作られていません。

例え、バストアップ効果をうたった製品でも、想定されていない日中の重心の中で動く胸に対応しきれず、徐々に胸の収まりが緩くなり、時間経過と共に効果も減衰します。

日中にワイヤーが入ったブラジャーの圧迫感がどうしても気になる場合は、日中用のブラジャーから、圧迫感の少ないものを選択すべきです。

しかし、妊娠中や出産後等、日中でも激しい動きがない場合は、体調やバストの張り具合に合わせて、ナイトブラの日中利用を選択する場合があるようです。

日中でもナイトブラは利用できるの? 詳しい記事はこちら

出産を経験した方の意見、妊娠中のナイトブラ事情

40代女性の方は妊娠、出産を経験された方も多く、またこれから自分の子供が出産適齢期を迎えるにあたって、妊娠中、出産後のナイトブラについての情報を求める場合があるようです。

大きくなった胸が苦しくないように、と日中利用されたケースもあるなど、経験をもとにした意見が多いようです。

ワイヤー入りブラジャーよりも伸縮性に富んだナイトブラの利点を活かしたケースですが、日々変化していく妊娠中、出産後のバストにとってナイトブラは強い味方になってくれます。

しかし、ナイトブラは着圧が強く、妊娠中の方がつける時にはリスクもあります。

特に妊娠後期の方には、マタニティブラの着用をおすすめします。

圧迫感の強くない物を選ぶなど、ポイントがあるようですので、詳しい記事をご覧下さい。

授乳中の方におすすめのナイトブラに詳しい記事はこちら

妊娠中の方におすすめのナイトブラに詳しい記事はこちら

まとめ

40代女性におすすめできるナイトブラを、体の特徴や選ぶポイントを交えて紹介しました。

少し整理してみます。

40代でもナイトブラの効果は十分に得られます。

むしろ40代こそ、体の特徴を考えるとナイトブラをするべきです。

今までつけてこなかった方も、自分の体の変化に気づいた時で構いません、一度検討してみてください。

40代でナイトブラを選択する場合、サイズをしっかりと図り、自分の体にマッチしたものを選びましょう。

バストの脂肪が多くなって、軟らかくなっていますので、サポート力がしっかりある製品をチョイスします。

クーパー靭帯の衰えなどから、バストの脂肪が体の側面、背面へ流れやすくなりますので、体の肉を寄せる機能の高い製品を選びましょう。

やわらかくなった胸は押しつぶす力に強く影響されてしまいます。

圧迫感が強すぎない、着け心地が良く安心感のある下着を選択します。

40代でのナイトブラの利用は、これから先、50代に向けて更に変化していく体をケアする大事な時期のバストを、しっかりと守ってくれます。

今までに垂れ乳や、離れ乳の対策をしてこなかったからと言って、40代でケアを始めない理由には絶対になりません。

最も手軽に始められるケアが、ナイトブラの利用です。

もちろん、40代に入る前にナイトブラと出会った方、自分の体の変化に応じて、利用の仕方を見直してみてください。

思ってもみない落とし穴や、新たな発見があるかもしれません。

ということで、この記事が少しでも、40代女性の皆さんの助けになれば幸いです。

ご視聴ありがとうございました。

この他にもナイトブラについて、多くの記事がありますので是非読んでみてください。

LoveLife 人生を愛せるようになるメディア
記事のトップへ

 

 

 

 

 

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です