50代の『垂れ乳』『離れ乳』にナイトブラの効果は? おすすめブラTOP3

今、50代となった女性が、自分のバストに強い関心を持っています。
就寝時のバストを無理な動きから守り、美しいラインを作るサポートをしてくれる下着、ナイトブラも注目されています。
女性のシンボルともいうべきバストを、美しく保ちたいと考えるのは、自然な気持ちです。
それでも実際は、50歳を超えた女性のバストは、うれしくない変化にさらされています。
50代になって利用するナイトブラには、効果があるのでしょうか?
バストに生じている変化とは、どのようなものでしょうか?
50代女性におすすめのナイトブラとともに、不安を一緒に解決していきましょう。

50代での垂れ乳対策は間に合うの? 胸に何が起きてるの?

50代の女性は、多くの方が垂れ乳離れ乳、そしてバストのしぼみに悩みを持っています。

50代からナイトブラを使い始めても、完全に元通りのバストを取り戻すことは難しいです。

しかし、だからといってナイトブラを着る意味がないとは言えません。

ナイトブラを活用することで、徐々にではありますがバストにハリを取り戻し体のラインを美しくすることが可能だからです。

垂れ乳などの体型の変化が起こってしまう背景には、50代女性の体内の変化が強く関係しています。

下垂やしぼみの原因を整理して、どんなナイトブラを選択すべきか考えてみましょう。

40代にススメのナイトブラについて書かれた記事はこちら

垂れ乳やしぼみの原因

50代女性の大半が抱えている悩み、乳房の美しさを損なう変形は、形を支えている靭帯の弱体化と、乳房に集まっていた脂肪が別の場所に流れてしまう事によって発生します。

  1. 女性ホルモン
  2. 脂肪
  3. クーパー靭帯

バストの変形に関連するこの3点について少し考えると、50代女性がどんなナイトブラを選択すべきかが見えてきます。

1. 女性ホルモンの減少

もう一つ知っておきたいのは、女性ホルモンについてです。

女性ホルモンには2種類あります。

  1. 妊娠しやすい子宮を作ったり、女性らしい体を作るホルモン
  2. 妊娠しやすくなった子宮を維持したり、妊娠しなかったら生理にして掃除するホルモン

2つの分泌量が増えたり減ったりして、子供を授かる能力が維持されます。

増減のタイミングが悪くなると体調を崩し、更年期障害と言われます。

さて、50代はこの2つのホルモンの分泌量自体が激減し始めます。

女性ホルモンには、コラーゲンの体内生産を促進する作用もあり、減ってしまうと胸の形を整えにくくなります。

また女性ホルモンには、皮下脂肪を増やす作用もあり、50代女性の場合は、脂肪が増えないことがリスクにつながることもあります。

2. 脂肪の性質

脂肪は、女性の体型維持を考える時に何かと悪者にされがちです。

しかし、バストの形を整える為には、ある程度脂肪の量がなければなりません。

ナイトブラも、脂肪を同じ場所に留めておくことにより、形状を保ったまま定着する性質を利用して、バストの形を整えます。

50代の方ですと、ホルモンバランスの乱れから、脂肪が柔らかくなり、定着しづらくなってしまいます。

更に、柔らかい脂肪は流れ安くなってしまい、同じサイズなのにバストサイズがダウンしたように見え、変形が目立ってしまいます。

3. クーパー靭帯の変化

実は、脂肪だけでバストの形を支えているのではありません。

クーパー靭帯という結合組織が、乳房の中を縦横無尽に絡み合ってつながり、乳房の形を保っています。

クーパー靭帯の何割かが破損してしまうと、絡み合って支えられていた形状が大きく崩れることになります。

すると、乳房に有った脂肪が別の場所へ移動してしまうのです。

そうして起きてしまうのが、垂れ乳などバストの形状変化です。

脇や背中に流れた脂肪は、肥満体型に繋がります。

ボディバランスが崩れは血行などにも関係し、意外な弊害を招くことになります。

そして、一度伸びたり、切れたりしてしまった靭帯は、もとに戻ることは有りません

では、何が原因でクーパー破損してしまうのでしょうか?

_クーパー靭帯について詳しい記事はこちら

50代のクーパー靭帯

クーパー靭帯が伸びてしまう原因として、重力が挙げられます。

日中のバストは、常に上から下に強い重力がかかり、就寝時には四方から不規則な重力にさらされ、徐々にダメージを蓄積します。

また、クーパー靭帯の材料はコラーゲンです。

50代女性の体内は、コラーゲンを生成する機能も弱体化しています。

40代ですでにクーパー靭帯の弱体化は大きく進んでいるのです。

クーパー靭帯をケアするためには?

しかし、50代になってからでも、クーパー靭帯をケアする方法はあります

それこそが、ナイトブラの使用です。

就寝中は四方から重力がかかります。

その上、無意識の体の動きにより、乳房自体もコントロールされない動きにさらされてしまいます。

バストの形状を保ち、無理な動きや変形から補正して、安心感を与えて安眠を促してくれるナイトブラを使用することが、クーパー靭帯を保護することにつながります。

50代女性がナイトブラを選択するなら? 4つのポイント

では、どのようなナイトブラが50代女性の特性にマッチしていると言えるでしょうか。

選択する時のポイントが4つあります。

  1. 伸縮性が有って体にフィットする
  2. 脇肉やはみ出した肉を集めてくれる
  3. 正しい位置に乳房を保持する
  4. 脇側が高い構造になっている

1. 伸縮性があって体にフィットする

伸縮性が高く、変形してしまった体の全身に、うまくフィットするものを意識して選択します。

ナイトブラを利用する際には、適切なサイズの下着を利用することが重要で、体にフィットする製品は、対応するサイズの幅が広くなり、ナイトブラの効果が得られやすくなります。

2.  脇肉や、はみ出した肉を集めてくれる

50代女性の場合、集めてきた脇肉や背中の肉をしっかりとホールドする能力を有したナイトブラをおすすめします。

これは、乳房の形を就寝中の無理な動きから守る補正力にもつながることです。

50代女性の体では、先述したとおり自然に起こってくる様々な衰えから、脂肪が乳房に留まりにくい環境ができていますので、その点をサポートする機能を重視します。

3. 正しい位置に乳房を保持する

50代の女性では、クーパー靭帯が弱体化して乳房が下垂するだけでなく、体の左右に脂肪が流れて、離れ乳が進んでいることが多いです。

この場合、いくら脇や背中から肉を集めても、乳房自体の位置が大きく下がってしまい、正しい位置まで持ち上がらないことも見込まれます。

そこで、ナイトブラには乳房をしっかりと持ち上げる機能が要求されます。

バストアップ効果を売りにしているナイトブラもある通り、これは基本的な機能でもあるのですが、中でも持ち上げる能力の高いものを優先して選択すべきでしょう。

4. 脇側が高い構造になっている

脇高設計と呼ばれるものです。

肉を定位置に保持するホールド力は、適度な締めつけや、生地質を追求して体へのフィット能力を高めて補われますが、これは集めた肉を脇から逃さないために施される機能です。

特にナイトブラを利用した時には、肉が脇から背中へ逆流してしまい、これを防止してくれる構造が求められます。

50代女性におすすめするナイトブラTOP3

50代女性がナイトブラを選択する時には、見た目よりも補正力や、脇肉、背肉を集めるなどの機能面を重視するべきです。

50代女性の大きな悩みの『垂れ乳』を予防する効果もあって、下垂予防がしっかりできる点も重視しています。

補正力はもちろん、つけ心地も快適な ナイトブラ を選んでみました。

意外にも大手のメーカーは見た目、付け心地を重視して、あまり高い機能が備わっている製品を扱っていません。

是非ランキングを参考にして、本当に効果の強い機能が備わったナイトブラを、一度試してみてください。

Viageビューティアップナイトブラ

1位を獲得したのは、ナイトブラのトップブランド、『Viage』です。

Viageの特徴は他に追随を許さない機能性の高さです。

50代女性がナイトブラを利用する時、脇や背中の肉を逃さないため、脇高設計になっていることがポイントの一つです。

Viageは、脇の下ギリギリまでブラジャーの生地が及んでいる独自設計で、脇肉のはみ出しを完全にサポートしてくれます。

また、生地の伸縮性がとても高く、体に密着しながら、素晴らしい付け心地を実現しており、過度の締め付けから開放してくれます。

背中が広く設計されており、シェイプしてスッキリしたラインを作ってくれることも、50代の方におすすめできる要点です。

高めにバストの位置を設定し、上からの肉を逃さず丸みのある魅力的なバストを形成してくれて、それぞれの機能がとても高水準で実現されており、根強い人気を得ています。

特に機能性の高い下着が要求される50代女性には、迷わず1位に進められるブランドです。

 

 

 

 

ふんわりルームブラ

『ふんわりルームブラ』は、見た目と機能性を兼ね備え得て、なおかつクオリティは様々なブランドの中でもトップクラスです。

まず、カラーバリエーション豊富な見た目の可愛さはすぐに分かるんですが、隠された機能の数々はすごいです。

ふんわりルームブラも脇高設計で脇肉を逃さず、下厚パッドを利用して丸いバストをしっかりと形成でき、パワーネット構造で正しい位置にバストをホールドしてくれますので、離れ乳などバストトップの低さが気になる50代の方へ、特におすすめできます。

更に、フロントホックが三段階も設置されており、着圧を幅広く設定でき、ちょうど良いフィット感をも調整でき、着け心地も確保しています。

サイズバリエーションが少なめなナイトブラの中でも、ふんわりルームブラはサイズ展開が豊富で、7サイズのバリエーションが用意されている点も、サイズのマッチが重要な50代の方におすすめでき、2位の高評価を得ています。

 

 

 

 

 moriage加圧ブラ

3位となったmoriage加圧ブラは、脇や背中の肉を集める機能が特に評価されています。

レースが効いたキレイなデザインですが、50代の方におすすめしたいはみ肉をカバーする補正力が十分に備わったブランドです。

丸みアップや脇肉補正機能が備わっており、デコルテから盛り上がったボリュームの有るバストを形成してくれます。

また、背中の構造と肩の紐が広い設計であるのも、50代の方におすすめできます。

心地よいフィット感を生み出して、疲れにくい構造でありながら、装着して横になっても、脇から肉が逃げない感触がしっかり分かる実力で、3位になりました。

 

 

 

他にもおすすめはあるの?

その他にも、50代の方におすすめできるナイトブラがありますので、ランキングには漏れましたが紹介します。

 

るるクシェル くつろぎ育乳ブラ

ルルクシェルのくつろぎ育乳ブラは、寝ている間に美乳メイクを歌っているブラジャーです。

50代の方へのおすすめとして外せない脇肉を逃さない構造もありますが、背中の構造驚くほど広いのが特徴で、自然と綺麗な背中のスタイルを作ってくれます。

肩紐にレースを多用し、とても軽いタッチの付け心地を実現しました。

コルセットタイプのフロントホックで、かなり自由に寄せ感を設定でき、最大で4.5cmサイズを調整できます。

また、痩せ型の方や小さいバストの方にもおすすめできます。

バストに張りを失い、サイズダウンしてしまった方も改善が期待できる、「育乳ブラ」です。

 

 

ナイトブラが決まらない? 迷っているなら、この実力派で間違いない!

ランキングを見てもしっくりこない方には、こちらのナイトブラなら間違いない、というものを紹介します。

 

 Viageビューティアップナイトブラ

今回のランキングでも1位の『Viage』ですが、一度体験したら他のナイトブラに移れないくらい、間違いない安心感を与えてくれます。

ナイトブラの機能の一つ一つが洗練されたブランドで、どんな場面にも対応できる高い補正力が魅力です。

常に優先順位の高い選択肢となっているVirageが、50代女性に対しても、一番オススメできるブランドなのは間違いないです。

 


 

50代では、日中にナイトブラを利用することも?

ナイトブラは、日中に使うことがおすすめされません

立位、座位の多い日中の、上から下にかかり続ける重心に対応していないからです。

しかし、50代女性の場合は脂肪を集めて形を整えて、同じ場所に保持していても、定着するまでにとても時間がかかってしまう場合があり、日中のナイトブラの利用が勧められたりします。

実は、補正力だけを見ていくと、日中に関してはワイヤー入りの通常のブラジャーの方が強い場合が多いです。

ナイトブラは就寝中の不規則でコントロールされていない体の動きや、胸の無理な変形をサポートしつつ、安心して眠れるよう、過度の圧迫をしないようにできており、50代女性であっても日中使いはおすすめできません。

日中のバストのケアは、日中用のブラジャーを吟味することで行うべきです。

日中のナイトブラについて詳しい記事はこちら

50代女性は背中で美しさを演出

50代女性は、バストから流れた脂肪が、特に脇や背中に集まり、肥満体型などになっていることが多いです。

バストだけに捕らわれていると、バックショット側面からの視線に、残念な姿を写してしまいます。

ナイトブラを利用すれば、背中や脇から肉を持ってきますので、自然とこの点も改善されていきます。

また、背中の構造が幅広の製品を利用すれば、脂肪が偏って生じた凸凹や、背中の肉を移動させた不自然さをカバーして、更に衣服の上からならとても自然な見た目を演出できます。

50代女性がナイトブラに抱く不安

50代女性は、ナイトブラを利用する時にこれまでになかった不安を抱えています。

例えば、就寝中、ある程度胸を圧迫するナイトブラが、乳がんの引き金にならないか、というものです。

また、何歳までナイトブラを着ればいいの? 肩こりの原因にならないの? といった疑問も多くの方が持つようです。

  1. 乳がんとナイトブラの関係
  2. 肩こりの原因にならないの?
  3. 何歳までナイトブラをつけるの?

1. 乳がんとナイトブラの関係

ナイトブラと乳がんの関連については、紆余曲折様々な議論やデータ収集がなされ、現在は関係が無いという結論が出ています。

ただ、リンパを過度に圧迫し続けるような、明らかにサイズの合っていない下着を利用し続けることは、乳がんに限らず体に良くないことは明らかです。

あくまでも、正しく利用したナイトブラであれば、体調を悪くしてしまう要因にはなりません。

ナイトブラと乳がんの関係に詳しい記事はこちら

2. 肩こりの原因にならないの?

もし、ナイトブラの着用が肩こりの原因となるのであれば、サイズが間違っていることが多いです。

ナイトブラは全身の大きな範囲にアプローチする下着なので、無理なサイズを着用するとデメリットにも繋がり、特に肩こりを進めてしまいます。

しかし、ナイトブラ以外にも肩こりの原因は考えられ、例えば就寝中の姿勢や、寝返りが打てない環境などが考えられます。

また、50代女性ですと日中使いのブラジャーや、その他にも様々な要因で、身体に思わぬダメージが蓄積します。

ナイトブラを利用する時には、マッチしたサイズの下着を使うように、強く意識を持つべきです。

ナイトブラと肩こりについて詳しい記事はこちら

3. 何歳までナイトブラをつけるの?

結論から言って、何歳まで、と限定することはできません

60代におすすめできるナイトブラもありますし、バストの状況は個人差が大きく、はっきりと断定はできません。

言えるのは、一番に自分の体を労ってほしいということです。

どれほど高性能な下着も、着ること自体が苦しくなる時がやって来ます。

自分の体に起こっている様々な変化に、嫌悪ではなく、自然なことだと受け入れられた時に、自然と使うのをやめる方が多いようです。

50代ができるバストアップとエクササイズ

50代でも、当然、バストアップしたいと考える方は多いです。

ナイトブラの役割を理解して、要点を抑えて取り組めば、50代からのバストアップはおすすめしたい取り組みです。

ナイトブラは就寝中のバストをサポートする機能を有することで、自ずとバストアップ機能も備えているのです。

しかし、全年齢に言えることですが、コラーゲンの新規生産も少ない50代では特に、装着するだけではバストアップには不十分です。

ナイトブラと併用して行えるエクササイズは、50代の女性がバストアップを目指すのに効果的です。

例えば、ピラティスエクササイズと言われる、比較的苦しくないエクササイズで、特に大胸筋にアプローチする物がおすすめです。

また、バストアップにはバランスの良い食事を意識したり、適切な睡眠時間など、普段の生活を健康的な状態に保つことが重要です。

これらの工夫をしっかりと行っていけば、50代からバストアップを目指すことは十分可能です。

まとめ

50代女性の身体的な特徴を踏まえて、ナイトブラを選択するポイントと、おすすめのナイトブラランキングを紹介しました。

少し整理してみます。

50代女性では、バストの形や脂肪を支えるクーパー靭帯が弱体化しています。

女性ホルモン分泌量が低減し、クーパー靭帯の材料であるコラーゲンの体内生産も得られにくい状態です。

またホルモンバランスの乱れから、脂肪が柔らかく、流れやすくなり、いくらバストに背中や脇から肉を集めても、定着しにくくなっています。

これらを踏まえて、50代女性がナイトブラを選択するときには、脇肉、背中の肉を集めて、逃げないようにホールドする機能の高い製品を選択します。

また、脇高設計や脂肪の逆流防止機能がある製品も有力です。

背中の構造が広く、伸縮性のある生地の製品なら、体型に併せてフィットしやすく、補正力を保ち、また、背中の凸凹などにも対応できてメリットが大きいです。

50代女性にとってバストをケアすることは、一筋縄では行かないことかもしれませんが、しっかりとマッチしたサイズのナイトブラを正しく利用すれば、必ず効果を期待できます。

ということで、50代におすすめするナイトブラを紹介しました。

少しでもなにかの参考になれば幸いです。

ご視聴ありがとうございました。

この記事以外にも、ナイトブラについて多くの記事がありますので、是非目を通して見てください

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です