ナイトブラを昼間に使うのはOK? 日中・夜用ブラの違いとは?

日中、ワイヤーブラの締め付けが嫌な方も多いですよね。

肩こりにも悩まされるし、なにか良い方法がないのかな、と考えた皆さんが行き着く答えが一つあります。

そう、「 ノンワイヤーのナイトブラを昼間も使えないの? 」ということです。

果たして、それはありなんでしょうか? そもそもなんで昼用と夜用が別れているんでしょうか?

日中も使えるって書かれてるじゃん、このナイトブラ……?

実は、何も考えずに日中もナイトブラを使ってしまうと、思わぬリスクがあるんです。

でも、絶対に使えないわけでもないんです。

この記事では、素朴な疑問から解決して、ナイトブラを昼間に使うことについて紹介します。

ナイトブラを昼間に使ってもいいの?

ワイヤー入りブラジャーを着ていると、締め付けが不快だったり、場合によってはワイヤー部分が擦れて、
一部肌の色が濃くなってしまうこともあります。
ワイヤー部分に痛みを感じたり、肩こりの一因にもなるなど、ブラジャーの悩みは意外に多いものですよね。
ワイヤー入りブラジャーは、日中に利用することを考えて作られています。
特徴はワイヤーによってバストを持ちあげて定位置に保って、強力に補正することです。
心強いバストの味方ですが、このサポート力を得るために、バストを締め付けてしまったり、ワイヤー部分があたりになったりと、様々な弊害を生んでしまうのも事実で、不快感を持ってしまう方も少なくありません。
対してナイトブラは、ノンワイヤーでありながら、しっかりとバストを正しい位置に補正してくれて、適度なフィット感で快適な眠りをサポートしてくれます。
付けごこちも追求されていますので、一度体験すると、日中も使いたいと考えることも頷けますよね。
でも実は、日中にナイトブラを使うのは基本的には良くないんです。

基本的にナイトブラは夜だけ! 本当は昼間使うのはNGなんです

そもそもナイトブラは夜、特に就寝中に使う為に作られたブラジャーですから、日中使うことはおすすめできません。
日中も使えるのであれば、わざわざワイヤー入のブラジャーと区別されることもないはずです。
そしてワイヤー入りブラを就寝中に利用するのは、絶対にNGと言えます。

そもそも、ブラジャーはどうして昼用と夜用に別れているのでしょうか?

クーパー靭帯とバストの形崩れ

バストはほとんどが脂肪で形成されており、その中に乳腺があります。
実は、乳腺と脂肪だけではバストは形を保っていることができません。
クーパー靭帯というコラーゲンできた結合組織が、バストの中を走り回っており、バストの形内側から支えているんです。
ノーブラで過ごしてしまうと、常に重力によってバストが引っ張られ、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまい、結果として垂れ乳離れ乳といった形崩れを招きます。
更に、バストに保持されていた脂肪が背中や脇に移動してしまい、大きく体型が崩れてしまう要因になります。

一度伸びたり切れてしまったクーパー靭帯をもとに戻すことはできませんので、そうなってしまう前にナイトブラなどで対策することが、非常に重要です。

ワイヤー入りブラジャーとナイトブラの違い

ナイトブラもワイヤー入りブラも、バストを支えて形崩れなどから守ってくれている点では同じなのに、何が違うんでしょうか?
ワイヤー入りブラジャーとナイトブラの違いを整理すると、ナイトブラを昼間に使うべきでない理由が見えてきます。

  1. 就寝中の重力から胸を守る
  2. 日中の激しい動きは昼用ブラでカバー
  3. ナイトブラはリラックスできるように追求されている

1. 就寝中の重力から胸を守る

昼と就寝中で最も違うのは、重力の働き方です。

日中に利用するワイヤー入りブラは、立ちや座った姿勢で過ごすことの多い日中の、寝ているときよりも高い位置にあるバストに、上から下にかかる強い重力に対応しています。

上から下の重力に負けないために、ワイヤーを利用して手で持ち上げるような力強い補正力を持った構造になっています。

対して、横になると四方からバストに重力がかかり、仰向けになれば潰れ、横を向けば流れて伸びてしまう、という様に、影響される重力の向きが大きく変わります。

ナイトブラはノンワイヤーで、就寝中の色々な角度からの重力に対応して、背中や脇から肉を集めてバストを作り、脇などから肉が逃げないような構造をとっています。

2. 日中の激しい動きは昼用ブラでカバー

ワイヤー入りブラ・ナイトブラともに、バストの動きを抑えて安定させることが考えられています。

しかし、いくら動くと言っても就寝中に適応したナイトブラの着圧は、激しい日中の動き抑えきれるものではありません

逆にワイヤー入りブラの、ナイトブラより強い締め付けは、就寝時には寝苦しさを増すことになり、適しているとは言えない上、バストの成長を大きく妨げる可能性もあります。

3. ナイトブラはリラックスできるように追求されている

ワイヤー入りブラは、レースや装飾を多くあしらえてしっかりと厚い生地を使い、乳首の透けを防ぐなど日中に適した素材を利用しています。

また、バストを一時的にも大きく盛り上げて、ゴージャスな見た目を作るなど、装飾的な役割が重視されています。

対してナイトブラは、極端にシンプルな見た目のものが多く、伸縮性に富んだ薄い生地で体にフィットし、良い着心地で快適な眠りを重視しています。

生地が薄いので乳首が目立ってしまったり、透けてしまうこともあります。

長期的に効果を発揮して、バストが徐々にキレイな形になる様にできているんです。

昼用ブラジャーとナイトブラで使い分けが大事

この様に、ブラジャーは日中と就寝時の環境をしっかり追求して作られた下着なので、ナイトブラを日中に利用することはおすすめできません。

もちろん、ワイヤー入りブラを就寝時に使うことはもっとNGです。
ワイヤーによる不快感や、強すぎる締め付けで成長を妨げるリスクも有り、その上昼間とは違う向きからの重力に対応しておらず、デメリットばかり目立ってしまいます。

それぞれのメリットを、最大限活かせるように使い分けることが大事なんです。

昼間に使うならどんなナイトブラを? 抑えておきたいポイント

そこで今度は、日中使いをするナイトブラを選ぶ時・利用する時に、注意するポイントを整理してみます。

  1. サイズがぴったりなものを正しい使い方で
  2. 肩紐やフロントホックで調節できるものを選ぶ
  3. パットが使用されているナイトブラを選ぶ
  4. 昼使用できるとメーカー表示があり補正力が強いものを使う
  5. 洗い替え・交換用を多めに用意する

1. サイズがぴったりなものを正しい使い方で

昼夜を問わず、ナイトブラを利用する際には、自分の体に合うサイズのものを使う事が重要です。

ショップで採寸するなど、できるだけ厳密に測って、アンダーサイズを基準にナイトブラのサイズを選ぶと、ブラのズレが少なくなります。

また正しい使い方を徹底することも大切です。

ナイトブラは、足から通して着るものが多かったり、フロントホックの構造が独特だったりと、一つ一つの使い方に特徴があります。

日中に使うのであれば、こまめにバストの形を自分で直したりして、より効果を高めることが望まれます。

2. 肩紐やフロントホックで調節できるものを選ぶ

ナイトブラの中には、フロントホックが設置されていて寄せ感を細かく調整できるものや、アジャスターで肩紐の長さを調節してサイズを調整できるなど、それぞれの体に合わせた使い方を考えたものがあります。

そういったナイトブラを選択すれば、夜間と昼間の締め付け具合や、寄せ感を変えられるので、場面やニーズに合わせて調節できて、より日中使いに適しています。

3. パットが使用されているナイトブラを選ぶ

パットが使用されているナイトブラであれば、生地が薄くても乳首が透けるのを防ぐことができます。

パットがある方が形の補正が綺麗にできて、日常的に利用する場合にはメリットが大きいです。

下厚パッドなどで丸くふっくらとしたバストを形成してくれますので、バストを持ち上げてくれる感覚もあり、日中でも安心して利用できます。

4. 昼使用できるとメーカー表示があり補正力が強いものを使う

記事で紹介した「 Viage 」や「 ふんわりルームブラ 」のように、メーカーから昼仕様が可能と表示されたナイトブラを利用すれば、安心して着ることができます。

また、脇高設計などを取り入れた、できるだけ 補正力の高いナイトブラを利用すれば、日中の動きの中でも脇から肉が逃げるのを防いで、キレイなバストを保つ効果が期待できます。

5. 洗い替え・交換用を多めに用意する

ナイトブラは伸縮性の強い素材を使っていることが多く、手洗いが推奨されることがあります。

また、通気性がワイヤー入りブラよりも弱い為、日中に利用すると汗が出やすい場合も考えられますので、洗い替えは多めに用意するべきです。

この様に、本来昼間に使うことを想定されていないナイトブラでも、日常的に利用できるものがあります。

ナイトブラを日中に着けることで、ワイヤー入りブラと比べて快適さが全く違います。

ワイヤー入りブラの締め付けや着心地が苦手な方にとっては、すごく気に入っていただけるのではないでしょうか。

昼・夜兼用のナイトブラは? おすすめを紹介

昼・夜兼用としてメーカーが謳っているナイトブラもありますので、特におすすめできるものを2つ紹介します。

 

Viage

 

Viageは公式に日中の利用ができるとの表記があり、最も人気の高い強力な補正効果を持ったナイトブラです。

シンプルな見た目ではありますが、背中や脇の肉を強力にバストに集め、しかも絶対にがさない機能が備わっています。

バストに集めた肉は脇から逃げますが、これを防ぐのに脇高設計がナイトブラにはよく採用されます。

Viageの脇高設計は他のナイトブラと比べても本当に脇高で、脇のすぐ下まで生地が覆ってくれますので、日中に使ったとしても肉を逃しません。

また高い位置にバストを定着させるような構造になっていますので、バストを持ち上げる感覚もあり、日中の重力にも対応します。

ナイトブラを日中に利用される場合は、特におすすめできるメーカーです。

 

 

 

ふんわりルームブラ

 

ふんわりルームブラは、公式で日中利用が可能と表記されています。

見た目と機能の両立が高いレベルで実現されている実力派のナイトブラです。

また、下厚のパッドが採用されていて、ふんわりと丸みのあるバストを作ってくれて、パワーネットと呼ばれる強い補正力を持った構造で、しっかりとバストをリフトアップしながら中央に寄せ、日中の重力に対しても持ち上げるような補正力を発揮していくれます。

3段のフロントホックが施されており、自由な寄せ感の調整も可能で、背中にも幅の広いパワーネット構造を施して、しっかりと肉を中央に寄せてくれ、また寄せた肉を逃しません。

ふんわりルームブラは機能だけでなく、7サイズのサイズバリエーションが有るなど、小さいバストサイズ、痩せてる人などから、大きなバスとの方まで対応したすごいブランドです。

更に、絶妙にセースをあしらったり、カラーバリエーションが豊富であったりと見た目も追求されており、昼用に使用される場合には選択しやすいブランドです。

 

 

これらのナイトブラは、日中に利用することも想定されていて、日中の重力や動きにもある程度耐えられる補正力を持っています。
しかし、ただ素直に日中使いできると受け取ってしまうと、少しニュアンスが違ってきます。

メーカースタッフの意見でも、ナイトブラの効果を早く出したいのであれば、日中の仕様は避けた方が良い、など、「 使えるけどMAXの効果は期待できない 」という声が聞こえます。

スポーツブラでもワイヤー入りブラのように使える?

ナイトブラと同じくノンワイヤーなので、スポーツブラをワイヤー入りブラの代わりに利用できる? と考える人もあるようです。

また、夜、就寝時にナイトブラの代わりにスポーツブラを利用することも話題に上がります。

しかし、スポーツブラは常にバストが動きまわる運動中のサポートを想定していますので、就寝時に使うには締め付けが強すぎ、快適な眠りに適しているとは言えませんし、バストの型崩れを防止する補正力も備えていません。

日常的に昼間使うことを考えても、やはりバストを持ち上げるような能力は乏しく、上から下の重力に対応しているとは言えず、むしろスポーツ中の使用に特化した、最も専門的なブラジャーといえ、他の場面で利用するのはよくありません

>>ナイトブラと運動に詳しい記事はこちら

ナイトブラを長時間利用したら乳がんになるの?

ナイトブラと乳がんは関係がありません

ナイトブラはリンパを締め付けるから、日中まで着けて長時間使用すると乳がんに…… そんな噂を聞いたことが有るでしょうか。

様々なデータが集められて、まことしやかに語られますが、2014年に米国にて報告された、ブラジャーと乳癌の因果関係の研究結果(Bra Wearing Not Associated with Breast Cancer Risk: A Population-Based Case–Control Study Cancer Epidemiol Biomarkers Prev)の中で、最も乳がんの発生率の高い閉経後の乳がんは、ブラジャーを利用しても増加しない、と結論付けられました

本当のことを知って、安心してナイトブラを利用してください

>>ナイトブラと乳がんに詳しい記事はこちら

まとめ

ナイトブラを昼間に使うことについて整理してみました。

ナイトブラは、基本的には就寝中に利用する下着で、日中の利用はおすすめできません

ただ、昼用のワイヤー入りブラの締付けや、ワイヤー部分のあたりから開放して着心地のよさを優先する場合、利用できるナイトブラもあります

メーカーの公式な表記で昼間の利用が可能なナイトブラもあります。

ただ、効果を最大限に引き出す時には、昼用ブラとナイトブラを使い分けることが大事です。

ナイトブラを日中に使う場合は、昼間の重力に負けないようにバストを持ち上げるような補正力が備わったものがおすすめです。

通気性が高くありませんので、汗をかいて汚れやすい為、洗い替えを多めに用意するべきです。

また、伸縮性がたかく利用するたびに生地が伸びていくので、早めに交換して強い補正力を保つような使い方がおすすめです。

場面に応じてワイヤー入りブラも取り入れて、自分が優先するのは着心地なのか、昼用ブラの強い補正力なのかを考えて使い分けることが大事です。

というわけで、注意することやできることを確認して、より良いナイトブラライフを送っていただければ幸いです。

ご視聴ありがとうございました。

この他にも、ナイトブラについていろいろな記事がありますので、是非目を通してみてください。

>>Lovelife 人生を愛せるようになるメディア

 

 

 

 

 

 

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です